黒ガリン製造元
株式会社RENEの
サイトはこちらから



黒ガリンガルは、「野生黒ショウガ」とも呼ばれ、日本では生息していない植物です。
黒ガリンガルは医学学術界でも注目されていて、世界的に様々な大学で研究が進められており、抗糖化作用、
抗酸化・抗炎作用等が観測されています。特に同志社大学大学院・生命医科学研究所による研究では、
すばらしい抗糖化作用が確認されています!!黒ガリンガルは健康食品として有名な「秋ウコン」や
「春ウコン」と同じショウガ科でありますが、通常のウコンと比べて、成分や効能がかなり違います。
根茎切断面は紫がかった黒色をしており、アントシアニンが豊富に含まれていることがわかります。


黒ガリンガルは東南アジアの山岳地帯に自生し
人間の老化の3大要因(抗酸化・抗炎症・抗糖化)に
強い作用を持つことが研究で分かってきました。
この地域の平均寿命は、全東南アジアにおける
平均寿命の55歳をはるかに上回る85歳と言われており、
今でも80歳以上のたくさんの老人達が
毎日元気に農作業をしています。
メトキシフラボン・アントシアニン・18種類のアミノ酸
アルギニン・セレニウムなど多くの成分を豊富に含み
強い抗酸化・抗炎症作用・抗糖化作用を発揮する
「未知の植物」です。


  


 
黒ガリンガル
主な成分 メトキシフラボン・アントシアニン・
18種類のアミノ酸・アルギニン
特異的な
生理活性
細胞異常化予防・認知症予防の可能性・
性機能向上・脂質代謝改善・
血栓融解作用 等
春ウコン
主な成分 クルクミン 特異的な生理活性 血管障害予防
精油成分豊富
秋ウコン
主な成分 クルクミン多 特異的な生理活性 肝腎機能向上
紫ウコン
主な成分 テルペン多 特異的な生理活性 健胃効果